情報科学科

情報科学科
世界トップレベルの情報科学の能力を身につけ、未来の情報社会を作り上げよう。

Professor's comment

平木 敬教授

理学部情報科学科
学科長
平木 敬教授

情報科学は、情報という切り口で世界を理解し、それを計算という手段で再構築していく学問です。文字・記号・データの集まりからなる情報的実在に対し、意味を与え、構造を求め、その文字・記号・データを比較、移動、加減乗除、比較などの操作を多数回組み合わせることにより、知を発現させ、自然現象を再現するのです。世界を理解するだけでなく、私たちの役に立つ情報システムをも構築できる情報科学は、理学と工学にまたがる学問であるとも言えます。

情報科学科では、2年生冬学期でプログラミングの基礎を学び、3年夏学期に多彩なプログラミング言語に触れます。3年冬学期には、コンピュータやプログラミング言語処理系をゼロから作り上げることを学び、新しい情報処理システムを作り上げる力を育てます。演習科目では、情報科学の理論的側面を、問題を解くことにより身につけます。このように基礎から最先端までを学ぶことで、世界トップレベルの情報科学の能力を持つことができます。

当学科の大きな魅力の一つが、学部の学生が最先端の情報システムに触れて学習体験ができることです。大規模クラスタ計算機、GPGPUを用いたスーパーコンピュータや基幹ネットワーク設備を自由に利用することができ、また全学生には高性能ノートPCが貸与されます。また、プロセッサ・コンパイラ実験では、最新のFPGA(再構成可能ゲートアレイ)を用いた実験設備を用い、大規模なプロセッサを各学生が自由に構成できる環境がそろっています。

情報に関連した学科は理学部・工学部を中心に多数ありますが、情報科学科は理論的側面から情報システムの構築、プログラミング、遺伝子解析、グラフィックスなどコンピュータサイエンスの全分野を扱っている唯一の学科です。情報科学科で養った力で未来の情報システム・情報社会を作り上げましょう。

Students

森谷哲理さん
情報科学科4年 森谷哲理さん

論理学の形式的考え方が好きで進学しました。情報科学には、その論理学を扱う情報論理から、離散数学や計算量理論、オペレーティングシステムや実際のCPUの設計を考えるCPUアーキテクチャまで、様々な分野があります。コンピュータを作るうえでも扱う上でも大変有用な知識を得ることができます。

朝原奈津未さん
教養学部2年(情報科学科内定) 朝原奈津未さん

数学科と情報科学科で迷いましたが、離散数学も面白いと聞き、情報科学科に決めました。ここでは計算機の基礎から学べます。私はかつてperlでプログラミングの楽しさを知り、教養前期でも情報系の授業を多めに取りました。将来、何か人をわくわくさせるようなものを生み出せればいいなと思います。

卒業生の進路

平成22年度の学部卒業生進路
大学院進学 81%
企業就職 4%
学校等 0%
官公庁 0%
その他 15%

例年、卒業生の大部分は大学院修士課程(情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻など)に進学します。

修士課程、ならびに博士課程修了後に就職する学生については、就職先である多くの企業や官庁から、情報科学科で養った能力、問題解決力が高く評価されています。

詳細は理学部Web「就職情報」をご覧ください。

History

1970年 理学部附属情報科学 研究施設
1975年 情報科学科
現在に至る

photo/稲田 平 text/太田 穣