リガクル03

講談社「リガクル03」より、記事を掲載しています。
(所属、肩書、年次は2012年当時のものです)

我々は、君たちをとことん応援します。

研究科長

理学部は自然科学の教育と研究を行う組織です。理学部の最大の特徴は、教育の重点を「基礎」の部分に置いていることです。特に、自然科学の基礎と言われる数学、物理学、天文学、化学、生物学、地球惑星科学、地質学、さらに情報学の教育を行っています。

リガクの情熱

理学部生はいつだって 「なぜ」に夢中です。

登場するのは理学部10学科23人の学部生・院生。100年先の化学に思いを馳せる学生がいれば、「いま、役立つために」を実践する学生もいる。それぞれが、それぞれの動機で、それぞれの研究に取り組んでいる。

リガクの明日

リガクの明日

理学部を卒業した学生のほとんどが修士課程へと進み、そしてそのほぼ半数が博士課程へと進む。それは研究者としての人生を選択し、リガクの最先端を突っ走ること。理学部から始まる刺激的な「明日」を、大勢の先輩たちが語ってくれた。

すでにそこにある「知」を超えていくために。

小林喜光

三菱ケミカルホールディングス取締役社長
小林喜光

大学院生の今

「博士になる」ということ。

小林

長谷川修司教授に聞く、大学院進学後のキャリアパス

リガクの探究

リガクの探究
  • バーズアイ理学部
  • 数学科/情報科学科/物理学科/天文学科/地球惑星物理学科/地球惑星環境学科/化学科/生物化学科/生物学科/生物情報科学科

※リンクは公開したものから順次設定します。