駒場1年生向け理学部ガイダンス報告

 

教務委員長 田近 英一(地球惑星科学専攻 教授)

2018年12月6日(木)18:45~ 21:00に,駒場キャンパス900番教室において「理学部ガイダンス@駒場~なぜ私は理学を選んだか~」(駒場1年生向け進学ガイダンス)を開催した。今回は,約470名もの学生が参加して大盛況だった。


パネルディスカッションの様子

広報室の菅原栄子さんの司会により,最初に武田洋幸理学部長からご挨拶いただき,基礎研究の重要性のほか,理学部ではみな明るく楽しく研究を行っていることなどについてお話があった。次に,筆者から理学部の簡単な紹介,国際化の推進,学生への支援,進学率や就職率の状況,進学選択などについて説明した。その後,各学科を代表して10名の学部生・大学院生が,スライド1枚を使って3分間で,それぞれの学科についての紹介を行った。各学科から良い学生が参加してくれただけあり,短いながらもたいへん印象的なプレゼンが行われ,会場の雰囲気もひじょうに良かった。続くパネルディスカッションでいくつか質問を受けた後,ガイダンス後半は駒場生と各学科の教員らによる懇談会が行われた。お菓子と飲み物が用意され,和やかな雰囲気のなか,21時まで熱心に懇談が続けられた。

今回は,工学部のガイダンスも立ち見が出るほどの大盛況だったと伺っている。いまの一年生は,進学選択に熱心な学年なのかも知れない。来年度もまた,大勢の優秀な駒場生が理学部を志望してくれることを期待したい。

理学部ニュース2019年1月号掲載

 

トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加