理学部オープンキャンパス開催報告

 

オープンキャンパス実行委員長 吉本 芳英
(情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 准教授/情報科学科 兼担)

2017年度は,涼しい曇り空ではあるものの雨は降らず,天候に恵まれたオープンキャンパスとなった。8月2日(水)・3 日(木)の2日間に計6, 956人と前年度とほぼ同数の来訪者があった。小柴ホールでの学生および教員による講演会をはじめ,各学科等による講演会に,多数の参加者があった。たいへん残念な事に,一部の講演会では会場に収まりきれない人が出てしまうほどであったが来年度は理学部1号館の3期工事が完成し,大規模教室が増設される予定であるので,より多くの方に聴講していただける体制が整うものと考える。


オープンキャンパス当日の様子

また講演会に加えて,各学科からの,様々に工夫された展示,相談・質問コーナー,実習教室などにも多数の来訪者があり,担当の教職員と学生による熱心な解説や質疑を楽しんでいただけたと思う。これら展示の多くは,各研究室などによるものであったが,今年度は大学院生有志による講演会型の企画も一件あった。今後このような学生有志による企画が定着すれば,オープンキャンパスがより魅力的になると思い,今後に期待する。

各学科等で準備および当日の実施にご協力くださいました教職員の皆様,学生の皆様,また全体運営にご尽力くださいました広報室および理学部事務と情報システムチームの皆様に厚くお礼申し上げます。皆様のご協力により,今年度も理学の魅力を ご来訪の皆様に伝えることができました。

理学部ニュース2017年9月号掲載

 


トピックス>



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加