理学系研究科・理学部外部諮問会2015年度

山内 薫(広報室長/化学専攻 教授)

理学系研究科・理学部の外部諮問会が2016年3月3日(木)に開催された。諮問委員長として,観山正見 広島大学学長室付特任教授,諮問委員として,内永ゆか子 NPO法人J-Win理事長,辻村達哉 共同通信社サイエンスライター,玉尾皓平 国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタ長,大隅良典 国立大学法人東京工業大学フロンティア研究機構特任教授,長谷川眞理子 国立大学法人総合研究大学院大学理事・副学長が出席された。

理学系研究科からは,福田裕穂研究科長,星野真弘副研究科長,山本智副研究科長,長谷川哲也研究科長補佐,村尾美緒研究科長補佐,榎本和生研究科長補佐,井出哲研究科長補佐,小澤岳昌総長補佐,常行真司教授,戸谷友則教授,瀧田忠彦事務部長,横山広美准教授,林輝幸URA,野上職URA,馬場良子URA,稲田敏行総務課長,渡辺雅夫学務課長,石澤剛経理課長,そして私が副研究科長の一人として出席した。

研究室見学の様子(生物科学専攻 平野博之教授研究室)

最初に,福田研究科長より理学系研究科理学部の現状について報告があった。理学系研究科の財務状況について,また,プロジェクトを支援する事務職員の雇用や,博士課程学生への支援について質問があり,理学系における取り組みが紹介された。引き続き福田研究科長より,研究の卓越性について説明があり,各分野における特色,研究機構などの組織の活動,優秀な博士人材の育成などについて意見交換が行われた。

次に,星野副研究科長から,オープンキャンパスや公開講演会などの広報室の活動をはじめとする社会貢献に関する取り組みについて説明があった後,広報活動やアウトリーチ活動について意見交換があった。その後,私が理学系研究科・理学部における教育・研究の国際化について紹介し,引き続き,英語を用いた講義や,海外からの学部編入学生や大学院の外国人学生への経済的支援などをテーマとして議論があった。また,長谷川研究科長補佐より,学部および大学院における教育について説明があり,推薦入試で入学してきた学生に対する対応や,進学選択における学生の動向などについて意見交換が行われた。さらに,男女共同参画の取り組み,特に,女性研究者の育成や,女性研究者への支援について村尾研究科長補佐より紹介があった。最後に,全体討論があり,若手教員を採用する際の任期や,重要業績評価指標( KPI:key performance indicators) の活用方法などについて議論があった。また合間には諮問委員による研究室見学,諮問会後は懇親会も行われ,和やかな雰囲気の中,終了した。

注:文中の役職はすべて諮問会開催時点

 

トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加