「分からないことに挑む」大切さを伝える

岡田 朋敏(NHK 報道局社会番組部 チーフプロデューサー)


PROFILE

東京大学理学部物理学科 卒業
東京大学総合文化研究科修士課程 修了
同年日本放送協会(NHK)入局
現在報道局社会番組部チーフプロデュー サー
NHK スペシャル「サイボーグ技 術が人類を変える」「グーグル革命の衝 撃」「臨死体験」「神の数式」「ネクスト ワールド」などを制作
1995年
1997年

 

 

 

NHK スペシャル「神の数式」 ハーバード大での撮影に立ち会う筆者

科学を中心に様々なテーマでNHKスペシャルやクローズアップ現代などのドキュメンタリー番組を作っている。これまで扱ったテーマは科学一つとっても,ノーベル賞の解説番組から脳と機械をつなぐ神経工学(サイボーグ技術)の発展,人工知能,iPS細胞など多岐にわたる。今振り返ると,私の番組制作の大きな原動力になったのは,理学部時代「謎へのあこがれ」に浸った時間ではないかと思っている。

ヒッグス粒子も,ニュートリノ振動も重力波も見つかっていなかった学部時代に最新状況を特別講義で教えてくださったこと,学生実験で重力波検出装置の開発に取り組んでいた坪野公夫先生の研究室で学ばせて頂いたことは強い思い出だ。その後,駒場に移り,まだ見ぬ量子重力理論にあこがれ,加藤光裕先生の元で超弦理論や場の理論を勉強させて頂いた。学生時代一貫して感じたのは,「分からないこと」を「分かろうとする」熱気だ。謎に挑む大切さを心に刻んで頂いた時間は,人に伝える仕事に就く上で,何にも勝る時だった。物理の魅力には後ろ髪を引かれたが,科学と一般社会の断絶を強く感じるようにもなり,広い世界でその断絶を埋めてみたいと番組制作の道を選んだ。

仕事を始めると,思いの外,理学と共通することがあることに気づいた。事件・事故,災害から芸能まで何でも扱う報道番組の現場に身を置いたが,求められるのは,「分からないこと」を徹底的に調べることなのだ。私の仕事は,企画から,取材,撮影,編集,ナレーションまで1本の番組を作る全過程に責任がある。しかし,最初から全て分かっていることはまれで,分からない中で取材を始め,後に全体像を把握することがしばしばだ。だからこそ,分からないことを解明し,それをどう伝えるかが求められるからだ。

一方で,現代の科学は一般の方に理解しにくい領域も多く,いまだにその断絶に悩むことも多い。テレビは文章のように何度も読み返せないため,一回で理解できるよう分からない言葉を極力避ける。社内には文系の出身者も多く,学部3年生で習う「相対論」や「電磁気学」などの言葉を使うだけで「分からない」という反応があるのが当たり前だ。

それでも,私は科学の最前線を伝える挑戦をし続けたいと思っている。それは壁を乗り越えて伝わったときの喜びも大きいからだ。2013年に,大学で学んだ超弦理論の世界を初めて番組にさせて頂いた。50分の番組で,大学の恩師や研究室の先輩方など多くの方にご助力頂き,CG合成を駆使して量子論と一般相対論の矛盾などをイメージで表現したが,専門知識もない一般の人に分かってもらえるか,不安の中で放送を迎えた。しかし,視聴者からの感想は予想外のものだった。「全部は分からなかったが、ものすごく面白かった」との感想が相次いだのだ。私は目から鱗が落ちる思いだった。全てを理解できるかどうかではなく,その世界を感じるのが重要なのだ。誰にでも,世界に潜む謎への挑戦に強いあこがれはあるのだから。

折しも今年2016年,重力波の発見が報告された。私の同窓生も関わっていると聞き,発見に至る努力や意義を伝えたいと取材を始めた。これからも世界の謎に挑む大切さを,伝えていきたいと思う。

 

理学から羽ばたけ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加