ふり返れば「坂の上の雲」,ではダメである

ふり返れば「坂の上の雲」,ではダメである

榎戸 輝揚(NASAゴダード宇宙飛行センター 研究員/日本学術振興会 特別研究員 SPD )

図1

NASA/GSFC ビームラインでの研究の様子

図2

同僚の送別パーティーに集まった GEMS 衛星に携わる日米メンバー。前列左側2番目が筆者。

司馬遼太郎の「坂の上の雲」に登場する明治人は,開国で海外に飛び出し坂の上の一筋の雲を追いかけた。日本の学問を築いた父祖の世代は,海の彼方から届く学術誌を心待ちにしたと聞くが,今やネット上に論文が溢れ,注目の結果はツイッターで議論され,大陸をまたぐテレビ会議もある。「わざわざ日本から出なくても十分に研究できる」のであろうか?

洋行の明治人がインド洋で見上げた満天の星は,核融合で輝くと前世紀の初頭に明らかとなった。さらに電波やX線観測が発展し,宇宙にはブラックホールや中性子星など想像を超える天体が見つかった。自分の専門は中性子星,中でも宇宙最強の磁場星といわれるマグネターだ。この十年で続々と発見されたが,その正体はいまだ謎の多い不思議な天体だ。

物理学科の学部生の頃,友人たちと電波干渉計を手作りするなど宇宙が好きだった。院ではX線観測を牽引する牧島一夫教授に弟子入りし,修士で雷雲からの謎のガンマ線に挑むなど浮気しつつ(注),突発的に明るくなるマグネターをX線観測で追いかけ博士号を取得した。明治人に倣い,卒業後は米国西海岸のスタンフォード大学カブリ研究所でASTRO-H衛星プロジェクトに参加し,田島宏康氏とロジャー・ブランドフォード (Roger Blandford) 氏のもと2年間の研鑽を積んだ。

その後,新しく始動したX線偏光の専門衛星GEMS (Gravity and Extreme Magnetism Small Explorer) に参加すべく理化学研究所の玉川徹氏の力添えで東海岸に移った。これらの衛星を組み合わせれば,マグネターの強磁場を検証できる。日本での身分ももちつつ,ワシントンD.C.近郊のNASAの研究所の客員研究員として,偏光観測プロジェクトのリーダーであるキース・ヤホダ (Keith Jahoda) 氏のもと研究を始めた。しかしその途端,予算超過からプロジェクト中止に見舞われる。その後の苦心の1年間にも検出器の開発も進み,現在ようやく再始動にこぎ着けた。

研究は表層的な結果だけではわからない,きわめて人間的な営みだ。だからこそ,国や研究集団の個性やスタイル,時代性や蓄積が,結果に強く反映するし,共同研究の成否をも左右する。高度に組織化された西海岸の私立大学や,分業化の進んだ宇宙プロジェクトの中心地である NASA,セミナー行脚で訪れた北米のさまざまな大学の「空気」の違いを知ったのは貴重な体験だった。海外には,魅力的な環境を求めわたり歩くダイナミックな研究者が多い。真の国際化は,日本人が外に出るだけではなく国内の研究所にも人を惹き付ける双方性だとすれば,ネット上に氾濫する表層的な情報よりも,実際に海外に住んで感じたこと,人とのつながり,悔しい思いといった人間的な部分まで含めてこそ,共同研究を成功させる鍵になると学んだ。

日本は最盛期を過ぎて下り坂,振り返れば坂の上の雲,では個人も研究業界もダメである!坂を登るワクワク感が欲しい。2013年,中性子星の高密度な内部を探るNASAの観測ミッションNICER (The Neutron-star Interior Composition ExplorerR) が新しく動き出した。ASTRO-Hや偏光ミッションとともに,坂の上の雲を見てみたいプロジェクトである。真の国際協力のもと,地球全体で坂の上の雲を夢見るなら,国同士を結びつける,ネットではわからない,自らの足で稼いだ経験や人のつながりを基礎にした薩長同盟が必要だ。

PROFILE

榎戸 輝揚(えのと てるあき)

2005年 東京大学理学部物理学科 卒業
2010年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了(理学博士)
2010年 スタンフォード大学カブリ研究所(Kavli Institute for Particle Astro-physics and Cosmology) 研究員
日本学術振興会 海外特別研究員
2012年 NASAゴダード宇宙飛行センター(NASA Goddard Space Flight Center:GSFC) 客員研究員・日本学術振興会 特別研究員(SPD, 理化学研究所 玉川高エネルギー宇宙物理研究室)
(注)
理学部ニュース2007年11月号(39巻4号)参照。