南部陽一郎 - 代表的な卒業生

南部陽一郎

南部陽一郎

© University of Chicago

南部陽一郎先生は、1921年に東京でお生まれになり、2歳のとき関東大震災で壊滅した東京から父の吉郎氏の故郷である福井市に移り、17歳まで過ごされました。福井市立進放小(現・松本小)、旧制福井中学(現・藤島高)、旧制一高を経て、1942年東京帝国大学の理学部物理学科を卒業されました。卒業後直ちに陸軍に召集されレーダー研究所などに配属された後、終戦を経て、1946年からは東大理学部物理学科の嘱託、助手を務められました。1949年には、新設の大阪市立大学へ移られ、1952年に米国プリンストン高等研究所の研究員として渡米されました。1956年からはシカゴ大学に奉職され、1970年に米国国籍を取得されています。

南部先生は、その温厚で謙虚なお人柄で良く知られていますが、世界中の物理学者から尊敬されている一番の理由は、誰にも真似することのできない南部先生独自の理論的アイデアの数々です。相対論的場の量子論における束縛状態の方程式(1950)、ω中間子の予言(1957), 超伝導に関する場の量子論(1960), 対称性の自発的破れと素粒子の質量(1960, 1961), カラー自由度の導入(1965), 強い相互作用に関するゲージ理論の提唱(1966), 弦理論の提唱(1970), 一般化されたハミルトン力学(1973)、など後年の物理学の基礎となった例は枚挙にいとまがありません。

なかでも、2008年のノーベル物理学賞の受賞対象は、現代の素粒子物理学と原子核物理学の基礎を与えた『対称性の自発的破れ(Spontaneous Symmetry Breaking, SSB)』の概念です。この理論の提唱に至る上で、様々な要因があったことはご自身が随所で書かれています: そもそも、旧制一高時代に世界的に有名になった湯川秀樹博士にあこがれて物理学の道を目指したこと、終戦直後の東大時代に東大理学部1号館(現在の旧1号館)の305号室で自炊生活をしながら、朝永振一郎博士(東京文理大/理研)の率いる研究グループに参加し量子電磁力学の完成を目の当たりにしたこと、それと同時に、久保亮五博士が率いる東大の物性論グループの研究に強く影響を受けたこと、そして、シカゴ大学時代に、超伝導のBCS理論が近くのイリノイ大学で完成するのを目の当たりにしたこと、など。

南部先生が2008年12月10日にシカゴ大学で行われたノーベル賞受賞講演は、現代物理学に基づく自然認識を端的にあらわす以下の言葉で締めくくられています: 「今日では、SSBの原理は、物理学の基本法則は多くの対称性をもっているのに現実世界は何故これほど複雑なのか、を理解するための鍵となっています。基本法則は単純ですが、世界は退屈でない、なんと理想的な組み合わせではありませんか。」

(文責:物理学専攻 初田哲男)

南部 陽一郎(なんぶ よういちろう)プロフィール

  • 1921年1月18日 - 2015年7月5日(享年94歳)、東京生まれ
  • 1942年 東京帝国大学理学部物理学科卒
  • 1952年 理学博士(東京大学)

職歴

  • 1942年から1949年まで 東京大学理学部物理学科にて研究員など
  • 1949年 東京大学理学部物理学科助手
  • 1949年 大阪市立大学助教授
  • 1950年 大阪市立大学教授
  • 1952年 プリンストン高等研究所
  • 1956年 シカゴ大学助教授
  • 1958年 シカゴ大学教授
  • 1991年 シカゴ大学名誉教授
  • 2011年 大阪市立大学特別栄誉教授

主な受賞歴

  • 1970年 ダニー・ハイネマン賞 (アメリカ物理学会)
  • 1978年 文化勲章 (日本)
  • 1982年 米国国家科学メダル (アメリカ)
  • 1985年 マックス・プランクメダル (ドイツ物理学会)
  • 1986年 ディラックメダル (トリエステ国際理論物理学センター、イタリア)
  • 1994年 J・J・サクライ賞 (アメリカ物理学会)
  • 1995年 ウルフ賞 (イスラエル)
  • 1996年 G・C・ウィックメダル (国際科学者連合)
  • 2003年 ボゴリューボフ賞 (ドゥブナ合同原子核研究所、ロシア)
  • 2005年 ベンジャミン・フランクリンメダル (フランクリン協会、アメリカ)
  • 2007年 ポメランチュク賞 (モスクワ理論実験物理学研究所、ロシア)
  • 2008年 ノーベル物理学賞

著書

  • 『クォーク 第2版―素粒子物理はどこまで進んできたか』南部陽一郎 著, 講談社ブルーバックス、1998年
  • 『クォーク 第1版―素粒子物理の最前線』南部陽一郎 著, 講談社ブルーバックス、1981年
    • (同書の英訳)“Quarks:Frontiers in Elementary Particle Physics” World Scientific Publishing Company(1985)
  • 『素粒子の宴』 南部陽一郎 著、H.D.ポリツァー 著、工作舎、1979年; 新装版 2008年
  • 『大学院素粒子物理1 ―素粒子の基本的性質』南部陽一郎 他著、中村誠太郎 編、講談社、1997年
  • 『素粒子論の発展』南部陽一郎 著、江沢洋 編、岩波書店、2009年