江崎玲於奈 - 代表的な卒業生

江崎玲於奈

江崎玲於奈

© 茨城県科学技術振興財団

江崎玲於奈博士は、1947年に本学部物理学科をご卒業されました。また、1959年には本学より理学博士を授与されています。江崎博士は、多年にわたり、半導体物理学の分野で卓越した業績を挙げてこられました。その中でも、極めて重要な業績として次の2つが挙げられます。

1. 半導体におけるトンネル効果の発見

半導体に不純物を添加することにより、電子によって電流が流れるn型の領域や正孔によって電流が流れるp型の領域を作ることができます。半導体結晶の中で、p型からn型へ急激に変化している領域はpn接合とよばれ、ダイオードやトランジスタなどに広く応用されています。

1957年、東京通信工業株式会社 (現ソニー)にて高周波特性の良いトランジスタの開発に携わっていた江崎博士は、不純物を大量に添加したpn接合において、電圧の増加に対して電流が減少する負性抵抗と呼ばれる特性を発見しました。そしてこれが、量子力学的トンネル効果によるn型領域からp型領域への電子の飛び移りによって生じることを検証しました。この現象を応用した素子は、エサキ・ダイオードと呼ばれており、マイクロ波の発振回路などに用いられています。また、この研究はトンネル・スペクトロスコピーと呼ばれる新しい研究分野のさきがけとなり、その後の金属や超伝導体の研究の発展にも大きく貢献することになりました。

この功績に対して、1973年にノーベル物理学賞、1974年に文化勲章が授与されました。

2. 半導体超格子概念の提案とその実現

米国IBM T.J.ワトソン研究所に移られた江崎博士は、1969年、組成の異なる半導体を層状に積み重ねた周期構造をもつ半導体超格子と呼ばれる人工物質を提唱し、通常の物質では観測不可能ないくつかの効果を予言しました。さらに江崎博士は、成分比を原子的尺度で制御できる分子線エピタキシー法と呼ばれる薄膜結晶成長技術の開発によりIII-V族化合物半導体において超格子を実現し、予言通りに負性抵抗(1972年)や共鳴トンネル現象(1973年)などを発見しました。

江崎博士による人工超格子の概念は、固体物理学の新分野を切り拓き、その後の研究に大きな影響を与えました。量子井戸レーザーや高電子移動度トランジスタなどの半導体デバイス、さらには強磁性金属と非磁性金属からなる人工超格子を用いたハードディスクの読み出しヘッドなど、私たちの身の周りでは江崎博士の研究を基礎とした技術が多く用いられています。

この功績に対して、1998年に日本国際賞が授与されました。

現在に至るまで、江崎博士は多くの要職を歴任され、広く日本の大学および科学研究の活性化に貢献されています。また、この間、多くの賞を受賞されています。

(文責:物理学専攻・准教授 岡本 徹)

江崎 玲於奈 (えさき れおな Leo Esaki)

横浜薬科大学学長・財団法人茨城県科学技術振興財団理事長

プロフィール

  • 1925年 (大正14年) 3月12日大阪府生まれ
  • 1947年 (昭和22年) 東京大学理学部物理学科卒業
  • 1959年 (昭和34年) 理学博士(東京大学)
  • 1947年 (昭和22年) 神戸工業株式会社
  • 1956年 (昭和31年) 東京通信工業株式会社 (現ソニー)
  • 1960年 (昭和35年) 米国IBM T. J. ワトソン研究所
  • 1967年 (昭和42年) IBM Fellow
  • 1976年 (昭和51年) 日本IBM非常勤取締役 兼務
  • 1992年 (平成 4年) 筑波大学学長
  • 1998年 (平成10年) 財団法人茨城県科学技術振興財団理事長(現在に至る)
  • 2000年 (平成12年) 芝浦工業大学学長
  • 2006年 (平成18年) 横浜薬科大学学長(現在に至る)

  • 日本学士院賞 (1965年)
  • ノーベル物理学賞 (1973年) (半導体内におけるトンネル現象に関する実験的発見)
  • 文化勲章 (1974年)
  • 米国物理学会国際賞 (1985年)
  • 米国IEEE協会最高栄誉メダル (1991年)
  • 日本国際賞 (1998年)
  • 勲一等旭日大綬章 (1998年)

業績

多年にわたり、半導体物理学の分野できわめて卓越した業績を挙げてきた。その中でも、1957年、量子力学のトンネル効果をエサキ・ダイオードにより、固体中で検証した業績は、物理学上のきわめて重要な発見である。この「半導体内におけるトンネル現象に関する実験的発見」に対して、ノーベル物理学賞および文化勲章が授与された。1969年の人工超格子の提唱は、固体物理学の新分野を開拓することに貢献し、この功績により、1998年、日本国際賞が授与された。江崎博士の研究は、物理学的に重要なだけではなく、エレクトロニクスの素子の開発と発展にも大きく寄与している。 日米両国の社会と文化についても積極的に発言し、国際間の理解の増進に貢献してきた。

1992年4月に筑波大学学長、2000年4月に芝浦工業大学学長を歴任し、両大学の改革のみならず、大学審議会委員等として、広く日本の大学および科学研究の活性化に貢献してきた。

1999年6月以降、日本新事業支援機関協議会(JANBO)会長として、ベンチャー創出に活躍し、また2000年3月、首相の私的諮問機関である「教育改革国民会議」座長として教育問題と取り組んだ。 2002年4月より、「21世紀COEプログラム委員会」委員長として、国際競争力のある世界最高水準の大学づくりの推進に力を注いでいる。

著書

  • トンネルへの長い旅路 (1974) 講談社
  • アメリカと日本 (1980) 読売新聞社
  • 創造の風土-ニューヨークから (1983) 読売新聞社
  • 個人人間の時代 (1988) 読売新聞社
  • 創造力の育て方・鍛え方 (1997) 講談社
  • 限界への挑戦-私の履歴書 (2007) 日本経済新聞出版社