代表的な卒業生

代表的な卒業生

江崎玲於奈

江崎玲於奈

© 茨城県科学技術振興財団

江崎玲於奈博士は、1947年に本学部物理学科をご卒業されました。また、1959年には本学より理学博士を授与されています。江崎博士は、多年にわたり、半導体物理学の分野で卓越した業績を挙げてこられました。

» 続きを読む

小柴昌俊

小柴昌俊

小柴昌俊先生は、1926年(大正15年)に愛知県豊橋市でお生まれになり、神奈川県横須賀市でお育ちになりました。第一高等学校を経て1951年に東京大学理学部物理学科を卒業されました。卒業後は大学院に進学されましたが、1953年米国のロチェスター大学大学院に入学され、1955年にはPhDを当大学の最短記録で取得されました。その後シカゴ大学で研究員を経て、1958年には東京大学原子核研究所の助教授として日本に戻りましたが、宇宙線の国際共同実験のために日本の代表としてシカゴ大学に再度呼ばれ、気球に原子核乾板を搭載した国際共同実験全体の責任者に選ばれました。

» 続きを読む

南部陽一郎

南部陽一郎

© University of Chicago

南部陽一郎先生は、1921年に東京でお生まれになり、2歳のとき関東大震災で壊滅した東京から父の吉郎氏の故郷である福井市に移り、17歳まで過ごされました。福井市立進放小(現・松本小)、旧制福井中学(現・藤島高)、旧制一高を経て、1942年東京帝国大学の理学部物理学科を卒業されました。卒業後直ちに陸軍に召集されレーダー研究所などに配属された後、終戦を経て、1946年からは東大理学部物理学科の嘱託、助手を務められました。1949年には、新設の大阪市立大学へ移られ、1952年に米国プリンストン高等研究所の研究員として渡米されました。1956年からはシカゴ大学に奉職され、1970年に米国国籍を取得されています。

» 続きを読む

小平邦彦

小平邦彦

©東京大学大学院数理科学研究科

小平邦彦先生は、複素多様体という研究分野を創始し、その広く深い研究は代数幾何学、複素関数論、数理物理学といった分野に大きな影響を及ぼしました。先生は太平洋戦争中に研究の道に進みましたが、戦後まもない1949年、数学における頭脳流出第2号(1番目は角谷静夫)としてプリンストンに渡りました。以来19年にわたる在米生活の間に50篇、1400ページにおよぶ論文を執筆しました。

» 続きを読む

池田菊苗

池田菊苗

画像元:池田菊苗博士追憶録

現在、「味の素」などの商品名で一般家庭に広く普及しているうま味調味料(成分:L-グルタミン酸ナトリウム)は、東京帝国大学理学部化学科(現在の東京大学理学部化学科)の池田菊苗教授により、1907年に発見されたものです。池田教授が、昆布から抽出したグルタミン酸ナトリウムは、うま味発見の歴史的な資料として化学専攻で受け継がれています。

» 続きを読む

これまでのノーベル賞受賞特集は、こちらからご覧いただけます。