学部のアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

学部のアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

東京大学理学部は、以下の人材を育成するための教育を行っている。

  • (a) 自然科学を中心とする諸分野の第一線で先端的な研究を行う研究・教育者
  • (b) 産業界の要請及び諸研究開発機関などからの需要に応じた創意ある人材
  • (c) 社会の諸方面において理学的素養をもって働く人材

東京大学アドミッション・ポリシー(全学部共通)はこちらです。

カリキュラム・ポリシー

東京大学理学部は上記学位授与方針を達成する学生を輩出するために、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施する。

  • 各専門分野の基礎知識を体系的に身につけるとともに、狭い分野の知識に偏ることなく柔軟な発想ができる人材を育成する。
  • 講義のみでなく、個別教育・少人数授業・セミナー等を通じて教員と主体的に議論・討論する機会を設けることで、学生に真に創造的な学問の方法論を学ばせる。
  • 理学の教育・研究では理論と実験・観測・野外調査は不可分である。後者を通じて学生が自ら自然に問いかけ、思索することの重要さを学ばせる。
  • 各学科の必修科目に加えて選択必修科目と選択科目を設け、学生が主体的に専門的知識を高める環境を整える。
  • 他学科や他学部の授業科目も学修できる機会を設け、学生が各分野の専門的知識に加え、さまざまな自然科学の分野に関する幅広い知識をもつ環境を整える。
  • 科学英語の授業を通じて、英語によるコミュニケーション能力と国際感覚を涵養する。
  • 留学生を積極的に受け入れ、グローバルサイエンスコースのカリキュラムを充実させて、国際的視野と行動力をもった人材を育成する。
  • 研究倫理の講義を通じて、高い研究倫理観をもつ人材を育成する。
  • 成績評価は試験や、レポートの成績・出席状況などに基づき、各授業において学修達成度を適切に反映する基準を定め成績評価を行う。