奨学金

東京大学で有意義な研究生活を送るためには、十分な資金を確保することが大切です。日本の物価は高く、外国人留学生の平均生活費は、毎月約13~14万円かかると言われています。渡日後のアルバイトや労働時間数も制限されていますので、渡日前に余裕をもって資金計画を立ててください。

奨学金の種類は以下のとおりです。入学後に応募するものは非常に競争が厳しく、受給者数は限られています。また、研究生が応募できる民間奨学金はほとんどありません。大使館推薦を除くすべての奨学金の情報は、国際化推進室で扱っています。

文部科学省国費外国人留学生

日本政府(文部科学省)の奨学金国費外国人留学生制度への応募は、入学前に大使館推薦と大学推薦とのいずれかにより申請する。

大使館推薦は、奨学金に関する問い合わせ、応募、選考などはすべて留学生の母国に在る日本大使館が対応する。選考方法なども各国によって異なる。奨学金には往復渡航費なども含まれ、渡日後6ヶ月間は必要に応じて日本語の集中コースを受講することもできる。留学生には、この奨学金に応募することを積極的に勧める。詳細は各日本大使館に問い合わせること。

大学推薦は、東京大学の受入教員から強く推薦された留学生が応募し、文部科学省の審査を受ける。対象者は、交流協定の締結校に在籍していることが一般的である。

募集要項については下記のページを参照のこと。

支給月額(平均)

  • 大学院生:145,000円(博士課程)、144,000円(修士課程)、143,000円(研究生)
  • 学部生:117,000円
  • 追加:3000円/月(本郷、駒場、三鷹、白金)、2000円/月(柏、和光、筑波)

民間奨学金

民間団体の奨学金は、直接応募と学内応募の2通りの奨学金がある。

直接応募の場合、留学生が直接民間団体に応募する。採用人数や支給額、対象者は団体によって異なる。

学内応募の場合、東京大学から推薦を受けた者のみ、民間団体の選考を受けられる。大学からの推薦者数が限られているため、競争は厳しい。対象者や待遇は団体によって異なる。いずれの場合も入学後に応募する。

学内応募に関する担当窓口:

理学系研究科・理学部 国際化推進室
本郷キャンパス 理学部1号館西棟1F101号室

Mail:

注意事項

  1. 民間団体による奨学金リスト の奨学金名をクリックし、対象学部・研究科が理学部・理学系研究科と指定されている場合にのみ応募ができます。
  2. 応募希望者はまずメールで国際化推進室までお知らせください。
  3. 大学から財団に推薦が決まった場合、その財団の採用結果が決定するまでは、他の財団への応募はできません。ただし、直接応募はその限りではありません。