2017/10/03

ノーベル物理学賞2017に「重力波直接検出」受賞が決定いたしました

 

「世界初の重力波直接検出」には、日本の研究者が多大なる貢献をいたしました。

本研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センターのKipp Cannon准教授は、LIGO研究チームを創設・代表をされ、その重力波データ解析の第一人者として尽力されました。現在は、日本の重力波検出器KAGRAチームでの活動をしながら、日本LIGO研究チームを創設し、国際研究協力の要としてつとめられております。

以下のページでは、ノーベル物理学賞受賞が決定された「重力波直接検出」の日本の貢献と、現在の活動をご紹介しています。ぜひご覧ください。
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/awards/nobel2017/

カナダトロント大学上級研究員着任当時

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加