2016/07/07

「ひとみ」衛星が見た銀河団ガスの乱流は小さかった

 

概要

物理学専攻の馬場・中澤研究室が参加したX線衛星「ひとみ」が、搭載する軟X線分光検出器で観測したペルセウス座銀河団の結果が、Nature論文として掲載されます。


ペルセウス座銀河団のX線画像(カラー)と、「ひとみ」搭載軟X線分光検出器で取得したペルセウス座銀河団中の鉄からの輝線(白線)。
Credit: Hitomi collaboration/JAXA/NASA/ESA/SRON/CSA

 

銀河の大集団、銀河団はその巨大な重力ポテンシャルに捕らえられた高温ガスでX線で明るく輝きます。ペルセウス座銀河団の中心部では、巨大ブラックホールから吹き出すジェットが高温ガスとぶつかって押しのけるなど、激しく活動していることは知られていましたが、そこで作り出されると考えられていた高温ガスの乱れた運動が意外に小さく、静かな状態であることがわかりました。

本研究成果は、7月6日付(世界時)英国科学誌「Nature」のオンライン版に掲載されます。

詳しくは JAXAホームページ をご覧ください。

 

研究室ホームページはこちら 馬場・中澤研究室

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加