2012/02/13

2/13 物理学専攻 大塚孝治教授のGENCO賞受賞

 物理学専攻(兼原子核科学研究センター長)の大塚孝治教授がドイツのGSI(重イオン研究所)によるGENCO会員賞(Membership Award)を受賞しました。GSI はドイツのフランクフルト郊外のダルムシュタットにあり、原子核、素粒子、生物に関わる物理学、核化学、核医学の研究を進める、ドイツでも屈指の大きな研究所です。GENCOとはGSI Exotic Nuclei Communityの略称であり、GENCO会員賞は2006年から毎年、国際的な委員会によって選ばれた、原子核に関する科学に於いて顕著な業績を挙げた1~3名の研究者に対して授与されてきました。今回、テンソル力や3体力などの核力の特徴に基きエキゾチック原子核の存在限界や殻進化などの新たな性質を予言・説明し、又、殻模型計算を始めとする様々な原子核構造の理論研究を進めてきた大塚教授に授与されることになりました。3月1日にGSIにて授賞式が取り行われるとのことです。


大塚孝治 教授

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加