2010/11/08

11/8 情報科学科の4年生岩田陽一さんがTop Coder OpenのMarathon部門で優勝

本学部、情報科学科の4年生である岩田陽一さんが世界的に有名なプログラミングコンテスト Top Coder OpenのMarathon部門で優勝しました。TopCoderでの優勝は、アルゴリズムへの理解、プログラミング能力の双方が高いレベルにあることを証明するものであると言えます。

TopCoderはTopCoder社によって開催されているプログラミングコンテストであり、オンラインで開催されるために世界的に広まっています。岩田さんはオンラインで行われた予選で優秀な成績をおさめ、年に一回開催される TopCoder Open に招待されました。

ラスベガスで10月11日から14日にかけて開催されたTopCoder Open 2010 には全世界から82名(うち日本人3名)が選抜され、全6部門で技術を競いました。Marathon部門の決勝大会は24時間の時間制限の中で プログラミングの速度と体力の双方を競うものです。岩田さんは同じく日本から参加の高橋直大氏を僅差で押さえ、12名の参加者の中で1位を獲得しました。

岩田さんはプログラミングコンテストに参加したことがきっかけでアルゴリズムに興味を持ち、情報科学科に進学したそうです。

現在はアルゴリズムの研究が盛んな今井研究室に所属。Google Code Jam 2009 3位などの実績もあり、「プログラミングコンテストチャレンジブック」の著者の一人でもある。

参考: TopCoder Open 2010 http://www.topcoder.com/tco10

 

 

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加