2008/08/22

8/22 GE & Science賞 生物化学専攻 今井猛特任研究員

生物化学専攻の今井 猛 特任研究員がGEヘルスケア社とScience誌の
共催によるGE & Science賞を受賞しました。

「GE & Science賞」は学位取得直後の優秀な若手研究者を支援するために
1995年に創設されました。分子生物学の分野で特に優れた業績を挙げ、博士
号を取得したばかりの若手研究者を表彰しています。

今井特任研究員は、哺乳類の脳において複雑な神経回路が形成される分子機
構を解明するため、マウス嗅覚系をモデル系として、神経細胞の軸索が正し
い場所に配線される分子機構を研究してきました。マウス嗅覚系には匂い識
別能の異なる約1,000種類の嗅神経細胞が存在し、それらはその軸索を脳の
約1,000箇所の接続先に正しく配線します。今井特任研究員は博士論文
(2006年、生物化学専攻)でその分子機構について明らかにしました。この
発見は嗅覚系のみならず、中枢神経系全般における回路形成の基本原理を理
解する上で重要なヒントを与えるものです。今回の受賞はその博士論文が高
く評価されてのものです。

GE & Science賞
http://www.sciencemag.org/feature/data/prizes/ge/index.dtl



―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加