霜田光一名誉教授が文化功労者として顕彰される

坪野 公夫(物理学専攻 教授)

霜田光一名誉教授

霜田光一名誉教授が平成20年度文化功労者に選ばれました。霜田先生は1943年に本学理学部物理学科を卒業なされ、1948年本学理学部助教授、1959年から同教授を務められ、本学退職後も現在に至るまで物理の研究、教育に活発な活動を続けていらっしゃいます。

霜田先生が最初に手がけたのはマイクロ波レーダーの研究であり、終戦後はそれがマイクロ波分光の研究につながっていきました。先生がリードしたマイクロ波分光スペクトルの研究は、その後の日本の電波天文学の発展に大きく寄与しました。また、1950、1960年代のメーザーおよびレーザーの黎明期には、タウンズ(C. H. Townes)等と共にそれらの基礎を構築するという業績を残しています。その後はレーザー分光学の研究に進み、シュタルク分光や二重共鳴などの基礎研究からレーザー応用技術まで幅広い研究を展開しました。

霜田先生は研究だけではなく、理科教育、物理教育にも熱心な情熱を傾けてこられました。2年前までの16年間ものあいだ日本物理教育学会の会長を務めたほか、たくさんの教育的な教科書や参考書を出版しています。また、物理分野においてこれまで数多くの指導的な研究者、教育者を輩出しています。

昨年の5月には先生の米寿を祝う会が開かれました。会の目玉は先生ご自身による講演で、お祝いに駆けつけた大勢の前で先生のアイデアによる3つの実験の実演と解説がおこなわれました。一つは永久磁石のみを使った磁気浮上実験(浮上体は完全に静止している)、二つ目はレーザーと光ファイバーを使った干渉実験、三つ目は自動浮沈子の実験と、どれも見る者を驚かせ楽しませるものでした。先生のつきることのない物理への愛着と好奇心、そして啓蒙のお気持ちが強く印象に残る催しでした。これからも霜田先生には末永くお元気でご活躍されることを祈念してやみません。